急性期の病棟についていけない新人看護師は転職を

新人看護師の中には、仕事についていけないと感じる方がすくなくありません。中には、このことが原因で仕事を辞めてしまう方もいます。

このように感じてしまう方の比率は、急性期で勤務する方が多いようです。特にICUなどはその傾向が高くなります。これらの部署は、いわゆる看護業務をしっかりと学べるところなので人気が高いですが、常に緊迫した仕事を求められるのでストレスが強くかかります。お仕事に慣れていない方を気遣う余裕がないので、十分なフォローを受けることができず、新人看護師がお仕事についていけないと感じるのでしょう。

もちろん、医療機関によっては十分な教育体制が整えられているところもあります。しかし、そうでないところもあります。もし、お勤めになった医療機関に良い教育体制が敷かれていない場合、その勤務先だけがすべてだと考えないことです。看護師免許があれば、今の病院だけにこだわらず様々な医療機関で働くことができます。

残念なことに、現在でも指導とは呼べない指導法で新人を教育している医療機関が少なくありません。こうしたところでは十分に看護業務を学ぶことができません。明らかに、おかしいと思う指導しか受けられないのであれば転職を検討するのも一つの方法です。看護師転職サイトのコンサルティングに相談すれば、指導体制の優れた医療機関を紹介してくれるでしょう。自分だけではわかりにくいことなので、専門家に相談しつつ転職先を探してみてはいかがでしょうか。

About レミコ