新人看護師が配属先で悩んだ時の考え方について

他の職種と同じく、新人看護師がどこの部署に配属されるかは重要です。希望する部署に配属が決まる方もいれば、希望とは異なる部署に配属される方もいるでしょう。新人看護師が配属されるシーズンは、悲喜こもごものドラマが待っています。

看護師の場合、強い思い入れをもってお仕事に就く方が沢山いることは事実です。例えば、小児科で働きたいから看護師になった。ICUで働きたいから看護師になった。という方をたくさん見かけます。「とりあえず看護師になろう」という理由で、就職した方であればどこの部署に配属されても問題ありませんが、強い希望をもって就職した方の場合、希望していない部署に配属されると大きなストレスになります。

意図しない部署に配属された場合、基本的には経験を積むまではそこで我慢したほうが良いかもしれません。人事部には人事部なりの考え方があるので、適性をみて配置した、あるいは経験を積ませてから希望する部署に配属しよう、などと計画しているかもしれません。その一方で、まったく希望を考慮せず駒のやりくりとして人員配置を行う医療機関もあります。こうした場合、経験を積んでも希望する部署には配属されないでしょう。

以上のことから言えるのは、希望する部署がある場合、上司と相談して今後の方向性を一緒に考えてもらうことです。気に入らない部署だから仕事に後ろ向きになることは良くありませんが、前向きに働いて経験を積んでからそこに配属してほしいということは問題行動ではありません。まずは、よく話して考えてみてはいかがでしょうか。それでも解決しない場合は、看護師転職サイトに相談しましょう。様々な求人が用意されているので、希望する部署の求人がきっと見つかるはずです。

About レミコ