看護師の給料はどのように決まっていくのか

看護師の平均的な年収は400万円強と言われています。

しかし、この年収は夜勤がある病院の看護師さんの年収がベースになっています。

夜勤がない街のクリニックではこれほどの年収はなかなか望めません。

看護師免許を取得した専門職としての地位がある職場ですが、夜勤がない場合の給与水準は意外に低いのが実情です。

とはいえ、給与より時間が大切だという看護師さんもいます。

結婚や出産を機にいったん退職した看護師さんが、子供にある程度手がかからなくなったことで再度復職しようというケースです。

この場合、夜勤があっては困るので、街のクリニックでの仕事を探すことになりますが、年収は300万円を下回ってしまうようなこともあります。

ところで、最近、看護師専門の転職支援サイトが多くなっています。

これらのサイトで転職すると、より高い年収の職場に転職できるということで人気が集まっています。

しかし、各医療機関がこれらのサイトに対して支払う手数料は、転職した看護師の年収に比例して決まってきます。

当然、年収が低ければ支払う手数料も低くなります。

またそれ以前の問題として、手数料を支払う以上は、転職する看護師の年収をその分削りたいと思うのが、経営者としての心情でしょう。

転職支援サイトを使って転職すると、祝い金がもらえる場合もあるため人気が高いのですが、このような落とし穴があることも忘れてはいけません。

どのような職場でもそうですが、給与にもある程度相場があります。

その相場以上に給与をもらおうとすると、どこかに無理が出ます。

そのことは覚えておいた方がいいでしょう。

About レミコ